賃貸の価格交渉をするには、他の部屋の価格を調べて知っておき、証拠を持っていることが大事です。

賃貸の価格交渉をするには
賃貸の価格交渉をするには

賃貸の価格交渉をするには

消費税も増税になり、賃貸の家賃をできるだけ安くしたいと感じるものです。そんな時は、他の部屋の家賃を調べて交渉してみるのはどうでしょうか。大家さんとしては値段は高く借りてほしいのは当然です。ですが、長く住んでいてマナーも守っている場合、他の部屋が安いのなら安く借りることができたりもします。

その際に大切なのは、同じマンションで他の部屋が安いという「証拠」です。証拠がないままに安くするように言うのは無謀な人ですが、同じマンションでも他の部屋の賃貸物件が安いことを知った上で価格交渉を言うのなら相手も納得してくれる可能性が高いです。もちろん、階数や間取りによって価格差もあります。そうなった場合は同じ部屋に住み続ける、または安い部屋に引っ越す、どちらにするのか決めてから交渉するのがいいでしょう。

最近では不動産屋さんのホームページから、賃貸物件の間取りや家賃を調べることができます。そこで、そのホームページから価格がわかるページを印刷して持っておきましょう。交渉するのはお金が絡むことなので、できるだけ避けたいと思う人もいるはずです。ですが、安く借りたいのは本音のこともあるでしょう。そこで、一度、伝えてみるだけでもしてみるのはどうでしょうか。

Copyright (C)2014賃貸の価格交渉をするには.All rights reserved.